クラウドとPOSの関係性を説明します

クラウドを利用したPOSシステムが多くの店舗で導入されるようになってきました。もちろん、別々のシステムとして運用されるケースもあります。機能に関係性はないと言えるでしょう。それでもそれらを接続することによって新しいシステムを作り上げることができます。それが現代の需要にマッチしているのです。ただ、そのメリットはシステムを理解して、適切な使い方をしなければ手に入れることはできません。単なるオンラインシステムではないのです。現代ではインターネットを利用することで、データ収集が容易になりました。POSのデータが集まることで店舗経営の方向性も変わってきます。単にデータを集めることが目的ではなく、他店舗との差異化を図るために積極的な活用を考えることが重要です。

クラウドに集まるPOSのデータ

クラウドに集まるデータとはどのような情報でしょうか。販売された商品のデータは当然ですが、ユーザーの情報もリンクさせることができます。つまり、どのような人がどれくらいの量の商品を購入しているかがわかりますから、その情報を分析すれば、今後の販売計画を立てることができるでしょう。もちろん、すべての情報が有効とは限りません。POSで得られるデータは店員が見て判断しているわけではなく、機械的に決められた手順で集められます。それは提供されているシステムに依存しています。つまり、どこの業者を利用するかが重要となるでしょう。まずは店舗経営に必要なデータが何かを考えるのではなく、得られた情報から何が見えてくるかを分析します。データはネットワークで集められることによって意味が見えてくるのです。

クラウドで得られるデータの活用

このシステムを利用することで多くの情報が得られます。例えば店舗の売り上げ情報から何がわかるのでしょうか。そして、それを活用するにはどうすればいいでしょうか。店舗経営の基本は売り上げを伸ばすことですが、すぐに答えがわかるほど単純ではありません。得られたデータを分析してみましょう。もちろん導入したシステムにはその機能が備わっています。ツールとしてネットワークを活用したデータ収集機能が提供されています。どのような商品がどの時間帯や曜日に売れているか。売れていない時間帯はないかなどを分析できます。売れた情報ではなく売れなかった情報の方が重要です。売れなかった理由がわかれば売るためのヒントが見えてくることでしょう。優れた経営者は少ない情報からでも何かをつかみます。それが経営者のスキルの差です。

海外進出をお考えの方にも多言語・多通貨でサポート対応いたします。 ご利用開始と同時に無料でトレーニングを実施しています。 POS+によって売上を自動集計。注文時間も一目で確認出来る為、来店頻度を把握することが可能です。 ipadにてそのまま手軽に139ヵ国のパスポート対応。簡単に免税対応もおこなえます。 POS+一つで簡単に会社を管理。人手不足もこれで解決を目指せます。 クラウド対応のPOSレジ「ポスタス」